iOSアプリで端末の追加ができない

現象

  • Developer Center で UDID を追加して Provisioning Profile を更新した後 Xcode で Archive ・ Export して作成した IPA ファイルをアップロードしているのに、 DeployGate 上では「UDIDの追加・削除はありません」と表示される

原因

  • 更新したものではない Provisioning Profile が Export 時に使用されてしまっている
  • 対応する App ID 以外の Provisioning Profile を更新してしまっている
既に同名・同有効期限の Provisioning Profile が存在する場合、更新したものをインストールしても Export 時には引き続き以前のものが使用されます。 Xcode 6 以前の場合は Accounts の View Details... より更新可能でしたが Xcode 7 にて Download all へ変更されており、対応する操作がありません。この場合、一旦 Provisioning Profiles フォルダを空にしてから Download all する (もしくは Export を行う) ことで問題を解消できます。詳細については以下をご参照ください。

解決策


Xcode の Export では、 
App ID に基づき対応する Provisioning Profile が自動選択されます。このとき Developer Center にて端末を追加した Provisioning Profile 以外のものが、 Export 時に意図せず使用されている場合があります。

意図したプロファイルが選択されるようにするため、次の手順をお試しください。

Developer Center の Provisioning Profiles から不要なものを削除する

同じ App ID 用の複数の iOS Distribution プロファイルがある場合など、意図しないプロファイルが選択される場合があるため不要なものは削除します。

ローカルの Xcode がキャッシュしている Provisioning Profile を削除する


~/Library/MobileDevice/Provisioning Profiles の中にある mobileprovision ファイルをすべて選択し、ゴミ箱へ捨てます。(もしくは、 Xcode - Preferences - Accounts よりアカウントを選択して、 View Details... で表示されるプロファイルの一覧ですべてを選択し、右クリックして Move to Trash を選択)
Xcode 6 以降では、必要な mobileprovision ファイルは Export 時に自動的に Developer Center よりダウンロードされるため削除しても問題ありません。

その後、新しい Name を付けた Provisioning Profile を新規に作成し、 Archive および Export を行います。 Export 時には作成したものと同じ Name のプロファイルが正しく選択されていることをご確認ください。

Provisioning Profiles - Apple Developer Center:



Xcode の Archive から Export 時の Summary:


Feedback and Knowledge Base